検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 

 

 

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近のキッチンの考え方

2010.07.29

料理ができればそれでいい。

そんなキッチンに対する考え方はもう昔の話です。


今、キッチンに求められるのは家族が食事をしながら会話を楽しめる、

コミュニケーションの場としての役割です。

このキッチンに対する意識の変化によって、スタイルも大きく変化しています。


閉ざされた独立キッチンからリビングやダイニングを兼ねたオープン型へ、

いつのまにかキッチンは家の真ん中へと移動し、

生活の中心になってきています。


「キッチンが主役」この言葉は今や当たり前のようになっています。

そして、さらに最近では、キッチンをインテリアとして考える空間づくりに

注目が集まってきています。


これはキッチンをひとつの家具のように他の家具とコーディネートし、

ボーダーレスなリビングやダイニング空間をつくるという考え方です。


あくまでも、キッチンを中心に、けれどキッチンだけが際立つのではなく、

全体が調和した空間づくりに重きを置くためのキッチンづくりが注目されています。
スポンサーサイト

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。